久しぶりのお花

このくらいのサイズ

このくらいのサイズ

久しぶりにお花に行ってきました。というかブログも久しぶり。さぼりマンです。

今回は母の日のお花を特別レッスンとしてやってきました。
初のプリザーブドです。ケースに入れておけば1年くらいはこのままの状態が保てます♩

双方の母親とも喜んでくれました。



最近のことなど。


長い長い花粉症が、そろそろ終わりそうな予感。でもまだムズムズするね。
今年はとくにヒドイからおとなしくしてました。(えっ)

花粉が落ち着いてきて、最近は山歩きばっかりしてます。
装備も色々揃ってきたから(詳しくは aratamanブログへ)
夏に向けてもっと体力をつけて、今年こそは駒ヶ岳、そして涸沢に行きたいな。


投稿者名 まさみん 投稿日時 2011年05月20日 | Permalink

幸せのお手伝い

先週末、弊社のビール部長S氏の挙式に参列してきました。
アラタマンさんと一緒にカメラマンとして頑張ってきました。
アラタマンブログ

それから私はブーケを作らせてもらいました。


作り立てホヤホヤ

作り立てホヤホヤ


花嫁さんとブーケ

花嫁さんとブーケ

ヘッドパーツも作りました

ヘッドパーツも作りました

もちろん新郎のブートニアも

もちろん新郎のブートニアも


自分の挙式以降、お花のレッスンをお休みしていたからか、
すっかり勘がにぶってしまい、地味にパニック。
かなり迷いながら作ったので、時間がかかってしまいました。
14時から作り始めて、出来上がったのは18時って。

4時間もぶっ通しで集中したのって何年ぶりだろうw
でもうまく作れてよかったです。
幸せのお手伝いが出来て、逆に幸せを分けてもらいました♪

☆花材☆
バラ「ブルゴーニュ」
トルコギキョウ
アジサイ
カクレミノ  その他グリーン


投稿者名 まさみん 投稿日時 2010年09月24日 | Permalink

レカンフラワーを体験レッスンしました

ちょっと前になりますが、レカンフラワーの体験レッスンをしてきました。
レカンフラワーとは、自然の花や葉を立体状態で乾燥させるフラワーアートのことです。
ちなみにレカンとかフランス語で「宝石箱」と言う意味で
乾燥によって花の退色を止めて長く色を楽しむ事が出来ると言うものです。
レカンを「麗乾」とも書き、麗しく乾かした花を楽しむものです。


乾燥剤の上に並べる

乾燥剤の上に並べる

やり方はとても簡単で、花を砂状乾燥剤の中にいれて電子レンジで90秒チン!
(500Wの電子レンジの場合、この際蓋は取る)
その後蓋を閉めて20〜30分くらい放置する。


カリカリになったお花達

カリカリになったお花達

そうすると! できあがりー!
カリカリに乾いたお花が出てきます。

あとは、その花を使って、額のなかにレイアウト!
私は、アレンジの知識を活かしてレイアウトしてみました!


ピンセットを使って

ピンセットを使って

真剣にやってます(笑)

真剣にやってます(笑)


あと何回かレッスンすれば、私もレクチャーできるようになるらしい。
始まったばかりのコースなので、現在レッスンしたい人を募集中だそうです。
結構簡単にできるから、体験したい人は連絡ください。


完成!

完成!

みんなの作品

みんなの作品


投稿者名 まさみん 投稿日時 2009年12月16日 | Permalink

フラワーアレンジ【本科】7・8

久しぶりの日記。twitterにつぶやくから日記が減るなー。

フラワーアレンジの2回分の日記です。


7.多種多色のデザイン1(ヨーロピアンスタイル1)

多種多色を原則としたヨーロピアンスタイル、ビクトリアンスタイルとも言ってビクトリア王朝時代の華やかなイメージです。
形は自由だけど、お花を10種類以上使うということらしい。

こんな大物は初めてだから時間がかかりましたー。
一応スクエア(四角)になるようにアレンジしました。


♪花材
カーネーション、 バラ(ジュリア)
トルコキキョウ、 ラン(バンダ)
カラー、 ケイトウ
リューカデンドロン(ビューベセンス)
スカビオサ、 ヒメヒコダイ
ドラセナ、 レッドダッチョス
ドウダン、 シンフォリカリフォス
カクレミノ、 ユーカリポプラス

15種類もあった・・・


8.TheRootのデザイン
TheRootっていうスクールオリジナルの器を使って
生け花風アレンジ。
中に入ってるスポンジには、切り込みがあって
そこに花をさしていく。剣山が不要なの。
普段のオアシスと違って何度も利用可能なエコ器。



♪花材
ケイトウ2色、リンドウ
ノイバラ
雪柳(紅葉)


投稿者名 まさみん 投稿日時 2009年11月27日 | Permalink

フラワーアレンジ【本科】1〜6

溜めちゃってた(笑

昨年から続けていた【基礎科】を、6月に修了して、7月からスタートした【本科】。6回分のレッスンです。

7月・8月は暑いから花持ちが良くないってことで、工作系レッスン(笑
あまり写真がちゃんと残ってないけど・・・


1.グリーン(多肉植物)の寄せ植え

ちゃんと寄せ植えを作ったんだけど暑さからか、あっというまにシナシナのヘロヘロ・・・
写真を撮ったときには、ラスト2本になってました(笑

こちらも、お盆までにシナシナになっちゃいました(涙


2.タピストリー

細い葉とか、枝とか使って、リボンなんかと組み合わせてタピストリーを作りました。

小さい瓶をひっかけて、そこにお花を入れてます。
涼しげな感じになりました。


3.石膏のデザイン

もはや花ではない・・・(笑
これはまさに、「フラワーデザイン」って感じで、デザイン作品にする為の1つの手法なんだと思う。

ドライフワラーをつかって、異素材との融合って感じ?


4.モビール

これもドライフラワーと枝をつかって、バランスをとったデザインを作るってものです。

高校のときの授業を思い出す・・・


5.ダイアゴナルスタイル

上から見た時にキレイに見える様に、後ろに倒してアレンジするものです。
お花を床や、低い台に置いて飾る場合に使います。前に「スプレーシェープ」っていう上から見ると花束になるようにするデザインも同じかな。


♪花材
カーネーション、 アンスリュウム
りんどう、 とうがらし(黒くて丸い)
サンザシ、 ダイアモンドリリー
ふじばかま、 オカメズタ


6.リバーシブル

花を両面から見るアレンジで、両面のデザインを変えると、反対側から見た印象が変わったり、鏡の前に置いて、映り込む花の違いを楽しんだりできるものです。



左側はピンポン菊をメインにした和風のアレンジ。
右側はカーネーションとアジサイで洋風のアレンジ。
真ん中をドラセナとかで仕切って、反対側を見えないようにします。
逆にアンスリュウムとかは、両面で共有させることを意識してさして行くのです。

♪花材
カーネーション:2種類
菊:シャムロック(グリーン)、ピンポン(エンジ色)
アンスリュウム、  ネリネ(ピンク)
シンフォリカリフォス(ピンクの粒)
かくれみの(グリーンの粒)
ドラセナ、 ふじばかま
ミスカンサス(細いの ホワイトグラス)


投稿者名 まさみん 投稿日時 2009年10月09日 | Permalink