子育て:刺激がいっぱい!

パパ実家に遊びに行き、いとこのお兄ちゃんにたくさん遊んでもらいました。
そのなかで、いとこのお兄ちゃんの図鑑を見せてもらい、しっかり説明を受けたりょっぽん。
宇宙や地球に興味津々のりょっぽんは、内容は難しいけど、なんだか自分もお兄さんになった気分なのか、とても真剣に聞いてました。

そして帰りには、お兄ちゃんのおもちゃを持って帰りたいとゴネゴネ。
そうとう楽しかったようで
「もぐらと どらえもんと れっどきんぐと ばいばい さみしい〜」
相変わらず名残惜しい気持ちが長いりょっぽん。
それだけ、成長したってことかな?




投稿者名 まさみん 投稿日時 2016年07月17日 | Permalink

子育て:「小学校前の3年間にできること、してあげたいこと」

タイトルが気になって買ってみた。

内容としては、習い事云々よりも家庭で遊びながら出来ることを中心に行っていきましょう!という感じ。
文字、数字、運動 などなど。
普段の会話や言葉の投げかけ方、遊びの取り入れ方など、とても参考になりました。
出来ることを少しずつ実行してればいいかな。

思いつく「年少の今、出来ること」
  • もっと絵本を読ませたい。図書館には、なかなか行けないので、遊び場の文庫で色々と読みたいな。
  • 視るより聴く力が必要らしいから、もう少し音楽を聴かせたいかな。CDやラジオはあったほうがいいのかも。
  • 一度、カラオケに連れて行ってみたい。アニメソングばっかりだろうけど、一緒に歌いたいな。
  • 楽器は興味がありそうなものが出来たらいいな。
  • もう一度 「こどもずかん」を使って、言葉と文字を意識してみよう。
  • それで「カタカナ」まで行けたら、アルファベットや英語の発音も(欲張り?)
  • 「ひらがな」は今まで通り、お風呂のシートと「しまじろうの『ひらりんタッチ』」で継続してみよう。
  • あとは「しりとり」が出来るようになると、待ち時間にいいのかも。
  • カルタで文字を覚えたり、神経衰弱的な遊び方もいいのかも。
  • カレンダーで数字を教える、10までは大体分かってきてるから、11以降が分かるようになるといいな。
  • 毎日終わった日付にバツを付けるのとかをやらせてみるとか?
  • すごろく遊びが出来ると面白いかも。サイコロ好きだし。
  • トランプもやってみようっと。ババ抜き?7並べ?何がいいだろう?
  • ドリルは今まで通り、迷路とか楽しめるものを、やりたい時にやらせてみよう。
  • ボール遊びは引き続きやっていこう。サッカーもテニスも楽しんでるし。
  • でも、ママはスパルタにならないように気をつけよう。これ大事!
  • ストライダーに乗りたくなるキッカケがほしいな。
  • 幼稚園の三輪車に乗って、ペダルを漕いで進めるようになってきたから、あともう少しだ。
  • 地図や地球のこと、天気や火山に興味があるので、その辺りの図鑑があるといいなぁ。
  • ママ実家に泊まりに行かせてみたい。まずはママと一緒に、慣れたら一人でも。自信がつくかな?

こうやって書き出してみると、色々あるなぁ。
最近、クラスのお友達の習い事状況をリサーチしてるけど、どうやら昼寝をしちゃう子のところは年中になってからって思ってるらしい。市のスポーツセンターのプールや、サッカースクールに行ってる子たちは、昼寝はしないっぽい。で早寝。食事の寝落ちはギリギリしない様子。
あとはリトミックをしてる子もいた。ヤマハで音遊び的なことをするらしい。
他にも公文とか英語(セイハ)に行ってる子もいる。
確か英語は幼稚園でやるんだよなぁ。年中からだっけ?それで興味を持ったら考えればいいかな?


投稿者名 まさみん 投稿日時 2016年07月13日 | Permalink

子育て:将棋もどき?

てれびくん6月号(?)だったかについてきた付録「動物バトルしょうぎ!」をパパに教えてもらいながら遊んでる。
駒を取られて悔し泣きのりょっぽん。
「取らないで〜」 …>_<…

まだまだルールを理解できなくて勝負にはならないけど、どうやらジュウオウイーグルを裏返してジュウオウゴリラにしたい(いわゆる「成り駒」にしたい)んだけど、どうやってもパパに取られちゃう。
それが悔しすぎて勝負が進まず長考状態(笑

まぁ、ちゃんと自分で理解できるようになるまでは仕方がないけど、嫌いにならずに楽しめる程度には勝たせないといけないのかな?パパが一番強くて、たまにママに勝てるようになっていくと「やる気」がでるのかな?
といっても、ママは将棋は弱いからあっという間にやられて
「まま よわいから やだ」
って言われたりして。

もう少し大きくなったら、簡単な将棋ゲームとか楽しめるのかな?




投稿者名 まさみん 投稿日時 2016年07月02日 | Permalink

子育て:文字の勉強 続き

文字の勉強の続きで、こんなドリルを買ってみました。
ジュウオウジャーのおかげで、いつも以上にやる気を出して、自分からドリルを広げて楽しんでます。




投稿者名 まさみん 投稿日時 2016年06月25日 | Permalink

カラーデザイン勉強会 第5回に行ってきました

トゥージュールさんのカラーデザイン勉強会、第5回に行ってきました。
レポートが溜まるぅー。その日に消化するクセをつけねば。

今回は「イメージスケールの活用」ということで、色やイメージの整理の仕方について勉強しました。

授業では、カラーイメージスケールに50個のカラー配色を割り当てていくというもの。
イメージスケールは、Soft←→Hardの縦軸と、Warm←→Coolの横軸で、16種類のイメージに大分類と、50個それぞれのイメージで分布できる。

これがあれば、「さわやかで、新鮮なイメージ」とか「豪華で贅沢な感じ」っていうクライアントの要望にも対応できるね。

分類する前に、自分で好きな配色を8個選んでおくと、自分の嗜好が分かる。私は基本が「Soft」よりで、「Cool」よりの色み=「さわやか」な色使いが好きという事がわかりました。
(明るめのブルーが多く含まれる配色を好んでました)

また事前に、180のイメージ言語(形容詞や形容動詞)
例えば「かわいい」とか「楽しい」とか「シックな」とかね。
それを20個選んで、先生に嗜好の診断も行っていただき、それをカラーイメージスケールに当てはめていくことも行ったのですが、そちらは「Soft」よりで、「Warm」よりの配色=「カジュアル」な色使いが好きという診断でした。
(ポップな感じの暖色系が多い言語イメージ=楽しい、のんびりを多く好んでました)

毎回不思議なのは、私は色みは「ブルー」が好きなんだけど、性格だとか色判断とかすると「イエロー」が得意みたい。実は「黄色」って一番苦手な色なんだけど・・・

いつもゴトウ先生と「不思議だね〜」って話してます。
私が「黄色」を苦手と思って(思い込んでいるのは)もしかしたら、なにか違う要因があるのかな?
チャクラ的に黄色=胃腸が弱いから とか(笑

今回も楽しく勉強できました。
色のイメージだったり、人による嗜好の違いを知るのはデザインにはとても役立つことだと思うので、WcanMiniDesignでやってみたらいいと思う。


投稿者名 まさみん 投稿日時 2009年10月16日 | Permalink