選択されているタグ : カラー

タグの絞り込み

カラーデザイン勉強会 第5回に行ってきました

トゥージュールさんのカラーデザイン勉強会、第5回に行ってきました。
レポートが溜まるぅー。その日に消化するクセをつけねば。

今回は「イメージスケールの活用」ということで、色やイメージの整理の仕方について勉強しました。

授業では、カラーイメージスケールに50個のカラー配色を割り当てていくというもの。
イメージスケールは、Soft←→Hardの縦軸と、Warm←→Coolの横軸で、16種類のイメージに大分類と、50個それぞれのイメージで分布できる。

これがあれば、「さわやかで、新鮮なイメージ」とか「豪華で贅沢な感じ」っていうクライアントの要望にも対応できるね。

分類する前に、自分で好きな配色を8個選んでおくと、自分の嗜好が分かる。私は基本が「Soft」よりで、「Cool」よりの色み=「さわやか」な色使いが好きという事がわかりました。
(明るめのブルーが多く含まれる配色を好んでました)

また事前に、180のイメージ言語(形容詞や形容動詞)
例えば「かわいい」とか「楽しい」とか「シックな」とかね。
それを20個選んで、先生に嗜好の診断も行っていただき、それをカラーイメージスケールに当てはめていくことも行ったのですが、そちらは「Soft」よりで、「Warm」よりの配色=「カジュアル」な色使いが好きという診断でした。
(ポップな感じの暖色系が多い言語イメージ=楽しい、のんびりを多く好んでました)

毎回不思議なのは、私は色みは「ブルー」が好きなんだけど、性格だとか色判断とかすると「イエロー」が得意みたい。実は「黄色」って一番苦手な色なんだけど・・・

いつもゴトウ先生と「不思議だね〜」って話してます。
私が「黄色」を苦手と思って(思い込んでいるのは)もしかしたら、なにか違う要因があるのかな?
チャクラ的に黄色=胃腸が弱いから とか(笑

今回も楽しく勉強できました。
色のイメージだったり、人による嗜好の違いを知るのはデザインにはとても役立つことだと思うので、WcanMiniDesignでやってみたらいいと思う。


投稿者名 まさみん 投稿日時 2009年10月16日 | Permalink

カラーデザイン勉強会 第3回に行ってきました

トゥージュールさんのカラーデザイン勉強会、第3回に行ってきました。

今回は「色彩で学ぶ世界の歴史」ということで
青をテーマにお話を聞きました。
(昨年の勉強会は緑がテーマでした)

世界の歴史、といってもそれはヨーロッパの歴史。
そのなかでの色ってことになると、基本は西洋の美術史になる。
高校のときは、日本デザイン史の方が好きだったので
西洋の方は、大人になってから好きになった感じ。

もっと早くからマジメにやっておけばよかったなー。
西洋デザイン史の成績、よくなかったもんなー。(笑

西洋の美術史を学ぶと、やっぱり宗教(キリスト教ね)が大きく影響する。
あと民族的な問題も影響する。色にも大きく影響してて
私たち日本人の感覚とは違うところがあってたくさんある。
でもその問題点が、たくさんの色が生まれるキッカケになったわけです。

今回のテーマの青でいうならば・・
青色を作り出す植物や鉱物が少ない事、そのなかでも
とても希少な半貴石ラピスラズリから造られる「ウルトラマリン」
この色が生まれた事で、絵画はもちろん全てにおいて価値観がかわり
それまで民族的な問題から蔑まれていた青が(ローマ帝国とゲルマン民族)
一転して高貴で特別な色になった(ロイヤルブルーかと)という話。

色彩検定で色の名前(慣用色名)と由来を覚えるのがとても好きで
色々と覚えたけど、1つ1つの色を探求して行くのって面白いかも。

そんな本ないかなー。


投稿者名 まさみん 投稿日時 2009年08月03日 | Permalink

カラーデザイン勉強会に行ってきました

まさかの、連続投稿!(笑

トゥージュールさんのカラーデザイン勉強会、第2回に行ってきました。

今回は「日本カラーエリアマップの考察」ってことで
前回の色彩分類能力で予告があった地域ごとの違いを学びました。

色は光によって見える訳で、光ってことは太陽や気象なんかが影響してて。
自然風土が色の見え方を左右するということのようです。

同じ場所に居ても、晴れ、曇り、雨で暗さが違うんだから
そりゃそうだよね、見え方は変わるよね。

ただ、その見え方が好みにまで影響するというのが驚き。
生命の神秘? 脳科学?
6〜7歳くらいまでで色覚が完成するので、それまでに
育った環境に左右されるらしい。

勉強会ではまず、人間の眼の構造と光を感じるしくみについて。
その構造から視覚に影響を受ける5つの要素。


  1. 気温
  2. 湿度
  3. 日照時間
  4. 土質
  5. 自然光の緯度差

この要因を踏まえて、日本を4つに分類するまでを行いました。

愛知県は、暖色系の明清色でコントラスト強めが
好まれるということです。
お隣の静岡県は寒色系なんだって、浜名湖が境目らしい。

厳密には、日本は10のエリアに分かれるらしく
そこまで説明するには時間が足りない!とのこと(笑

本が出てるから買ってみようかな。


日本列島・好まれる色 嫌われる色―カラー・ダイアレクトとテースト・バラエティー (単行本(ソフトカバー))


配色歳時記 四季のカラーワーク (単行本)


投稿者名 まさみん 投稿日時 2009年07月07日 | Permalink

カラーデザイン勉強会に行ってきました

先日のwcan spring にて告知があった、トゥージュールさんの
カラーデザイン勉強会に行ってきました。

今回は「色彩分類能力の弱点を探る」ってことで
自分の色の分類能力を知って、弱点を探しましょう!という感じ。
88枚のカラーカードをグループごとに分類。
弱点ってことは苦手な色ってことなのかな?と思ってたんですが・・・

今回はオレンジ系の色を、赤み/黄みに分類
グリーン系の色を、青み/黄みに分類
ブルー系の色を、青み/緑みに分類
パープル系の色を、青み/赤みに分類

という感じで、4回で8種類の色みに分類します。

私は最初のオレンジはパッと見て色みが分類できたので
他の色も楽勝なのかなぁとか思ってたら
ブルー系のときに迷った。特に濁色で暗い色(ダルトーンとか)
4回通してみても、濁色で暗い色は苦手。
明るい色から分類し、残りの色でなんとか分類する感じ。

えー!不思議。こんなに違うものなんだ!

結果、私は(というか他の方もそうだったのかな?)
暖色系の分類の方が得意で、特に明清色が得意みたい。
一応 愛知県の人は得意な色らしい。
(この事については次回の勉強会で明らかになるらしい ワクワク)

ゴトウ先生がおっしゃるには、
「好きな色ほどよく見てるから区別がつくことが多い」
とのことだったんだけど・・・・

あれー?私は断然、青が好きなのに、
鮮やかなオレンジや黄色は苦手、というか好きではないんだけど。
先生も驚いてた。なぜだろう・・・

これは別の理由があるのかな?
そうなると、次回がますます楽しみだ。

色彩分類は苦手な色であっても、1ヵ月も訓練すれば
すぐに見分けれるようになるみたいだよ。
カラーカードでやってみよっかな。

それに、私は最近ピンクが好きになってきたから、
もしかしたらオレンジも黄色も好きになるのかもしれないし。
苦手は少ない方がいいもんねきっとさ。

色の勉強は奥が深いなぁ。でも今日の色彩分類で
色を見分ける力が、まだまだ残っているって分かったから
一度挫折した色彩検定の1級、やってみたくなってきた。

でもなー。お花も今月で基礎科が終わって、次から本科。
テニスして、ボールペン字は家で練習してて。
簿記もやろうかなとか思ってたから、ちょっと手一杯だよね。
欲張るといいことはないので、順番にがんばろう。
無理は禁物、一歩ずつ前進あるのみ。


投稿者名 まさみん 投稿日時 2009年06月08日 | Permalink